日感アルダ

映画、ドラマ、文化、日常の果てしなき考察

映画『SP 国家情報局:Mr.ZOO(Mr.ズー)』あらすじ・感想〜韓国パンダの歴史【韓国考察】

どうも、ぷんおです。

本日は、軽〜く観られる韓国コメディ映画「SP 国家情報局:Mr.ZOO(Mr.ズー)」のお話。

お馴染みの顔じゃん!とか、動物の吹き替えが豪華!とか、CGがダサい!とか、そういう感想はサササッと流して、後半リアルパンダの話をします!

現在、韓国にパンダは3頭います。

作品を観るには?

U-NEXTの定額見放題に入っています。


その他、Amazon、dTV、GyaO!、AppleTV、YouTubeでレンタルです。

あらすじ

ジュ・テジュ(イ・ソンミン)は、潔癖症の国家安全保障(NIS)のトップエージェント。

友好の印として中国から韓国にパンダが贈られてくることとなった。

名前は「メイメイ」。

たかが動物ではあるが、扱いは特使。超VIP対応の警護体制が敷かれることになる。

自身の出世を賭け、大嫌いな動物の警護を買って出るが、謎の組織に襲撃を受け、パンダはさらわれてしまう。

パンダ拉致事件でテジュは頭を強打。

翌朝目覚めると、なんと!動物の言葉が聞き取れ、会話ができるようになっていた。

周りから見れば、ただの危ない人。

捜査から外されたテジュは、落ちこぼれ軍用シェパードのアリとともに共同捜査を開始する。

途中、アリの動物仲間の助けもあり、謎の組織のアジトを発見する。

彼らの企みは、、、メイメイの遺伝子を利用してペット型ミニパンダ量産しを金儲けすることだった。

※コメディなのでオチは略します。

ぷんおの疑問

「なぜ、パンダ?🐼」

と、いうことで以下、考察調べとなります。

当時の韓国と中国の関係

この作品の製作年は2018年。中国との国交25周年の年でした。

が、両国の関係性は冷え冷え。

顔を合わせての式典はありませんでした。

MERSが流行した2015年あたりから中国では嫌韓ムードが高まり、THAADミサイルの配備により関係は悪化し、2017年には中国政府は韓国団体旅行の販売を禁止してしまいました。

劇中冒頭でも両国の冷ややかさを皮肉っております。

さて、実際の韓国のパンダ事情は?

韓国とパンダ

◆韓国の初パンダ

韓国にはじめてパンダがやってきたのは、1994年。

ミンミンとリリー。

今のエバーランドの前身である龍仁自然農園に10年間レンタルする形で持ち込まれたようですが、1997年のIMF通貨危機で、資金的に飼育ができなくなり、1998年に中国に返還したそうです。

◆2回めは「パンダ外交」

次にやってきたのは、その8年後の2016年。場所は同じエバーランド。

2014年7月に韓国で行われた、中韓首脳会談で「友好の象徴」として貸与の約束がかわされたパンダ。

映画同様、国賓級の待遇で韓国にやってきたそうです。
大韓航空747特別機。特別仕様の檻に入ったパンダほか、中韓両国の飼育員や獣医師らが搭乗し、他の貨物は載せない「パンダ専用機」として韓国入り)

👇当時のパンダフィーバーニュース(SBS)

当時40周年であった同施設は、アイバオ、ローバの2匹のジャイアントパンダの他に、ソウル動物園にいた国内唯一のレッサーパンダもつれてきて「パンダワールド」を完成。

しかし、この展示方法が問題で、四方八方から多くの来場者に終始見られる形で「パンダがストレス」と問題になったそうです。

◆韓国産まれのパンダ

みんなの視線を浴びて毎日を過ごすアイバオとローバオでしたが、コロナ禍で入場客が激減してストレスが減ったのが功を奏したのか、、、エバーランドに来てから1,601日目の2020年7月20日に『自然繁殖』で赤ちゃんパンダが生まれたのです。(名前はフーバオ)

エバーランドプレスリリース▷該当ページ

◆現在のパンダ事情

本日、2022年7月27日なのですが、赤ちゃんパンダフーバオは今どうなっているのかな?と調べてみたのですが、、、

先日2歳の誕生日を迎え、すくすく元気に育っているようです!

まとめ&感想

たまたま観た作品(ホントはMr.BOO!を観る予定だった笑)だったのですが、韓国の赤ちゃんパンダの2歳の誕生日をお祝いすることととなり、メチャメチャ嬉しいです🐼🐼🎂

制作が2018年、公開が2020年1月22日。

パンダの妊娠期間は95〜160日。

それから計算すると、赤ちゃんパンダが産まれることを想定して公開されていないということになります。

そういう面で本当に不思議な面白い縁がある作品だなと思いました。

〜以上となります。またお会いしましょう!

基本情報

原題:「미스터 주: 사라진 VIP」
撮影期間:2018年7月9日~2018年10月22日
公開:2020年1月22日
監督:キム・テユン
キャスト:イ・ソンミン、キム・ソヒョン、ペ・ジョンナム、シン・ハギュン他
動物:パンダ(ユ・インナ)黒ヤギ(イ・ソンギュン)オウム(キム・スミ)オウム(キム・スミ)パグ犬(キム・ボソン)ゴリラ(イ・ジョンウン)鷲(パク・ジュンヒョン)

〔参考〕

https://n.news.naver.com/mnews/article/421/0002342316?sid=001

https://www.chosun.com/site/data/html_dir/2020/07/23/2020072300197.html

世界的希少種のジャイアントパンダ、韓国で初めて出産成功…中国から来て4年ぶり | Joongang Ilbo | 中央日報

「北」めぐりギクシャクの中韓、蜜月再び? パンダはかすがいとなるか(1/3ページ) - イザ!