日韓アルダ

近くて遠い国!韓国文化を映像から考察〜ジャニーズ文化もウォッチ

実写版『映画 おそ松さん』あらすじ・感想〜クズなSnow Manはカッコいい。

f:id:punwo:20220330202830j:plain

こんにちは、ぷんおです!

2022年3月25日公開の『映画 お松さん』を公開初日に観てきました。

思いのほか面白いどころか、相当面白かったので感想まとめることにしました(^ω^)

実写という設定を逆手に、その設定の中で好き放題に設定作って遊び散らかしてました〜!

この映画は『おそ松さん』なんですが、アクションシーンがマジでカッコいいので劇場で観ておいたほうがいい作品ですよ!!!
(もう前フリ説明段階でカオス!)

以下、ネタバレ含まれるので知りたくない方は戻るボタン対応でお願いします。

個人まとめあらすじ

松野家の20歳過ぎてもクズで童貞でニートの6つ子たち。

実写版の自分たちに自虐をカマしながら、いつものごとくパチンコ屋の新台開店の列に並び、いつものごとく喧嘩をはじめる。

ある日、超金持ちの大富豪夫婦(榎木孝明&南果歩)が、自分の亡き息子に瓜二つのおそ松を養子にしたいと松野家を訪れる。

実写版のSnowManのメンバー6人は似ても似つかないが、アニメではソックリな6つ子設定。それに気づいた5人は、おそ松(向井康二)以外の自分たちにも養子候補の権利があると必死にアピール。

大富豪夫婦は、6つ子のそれぞれの頑張りをしばらく見守ってから一人を養子にもらうと決めることにする。

トト子(髙橋ひかる)と、父母(光石研&濱田マリ)の打算、心配に思うチビ太(桜田ひより)、話をこじらすイヤミ(前川泰之)の想いが錯綜する中、御曹司を目指しての養子争奪合戦物語がはじまるように見えたが、6人たちはそれぞれ勝手な物語を展開しはじめる。

− − − − − −

<おそ松(向井康二)>
東大目指して猛勉強!のさなか、図書館で謎の美少女(八木莉可子)と運命の出会い。自分のニートでクズな設定をすっかり忘れ、純愛物語を展開しはじめる。

<カラ松(岩本照)>
最強の男を目指そうと身体を鍛えている最中、水難事故からの記憶喪失。俺ってモテ男でCIA?童貞卒業と勘違い?からの国境を越えたアクションストーリへ。

<チョロ松(目黒蓮)>
オタク卒業!オトナの男を目指すうちにいつのまにかナンバーワンホストに。置かれた世界は裏社会。すっかりヤサグレたチョロ松が純な恋をした。その恋敵がおそ松!

<一松(深澤辰哉)>
就職試験に失敗。ただでさえ暗いのに更に闇落ち!謎の招待状がなんとデスゲーム。主催者はトド松???どん底一松の倍返し!

<十四松(佐久間大介)>
夢はメジャーリーガ!雷に打たれタイムスリップ!侍JAPANが本当のお侍に?!

<トド松(ラウール)>
起業しようと人脈づくりからのプレゼン成功?怪しげな会社(幸福金融?)を起業し、社会の底辺の人々を集め高笑い!

− − − − − −

この勝手な6人の暴走を見かねたチビ太たちは『終わら屋』に仕事を依頼する。

エンド(渡辺翔太)は、おそ松の恋物語にチョロ松が加わった三角関係、クローズ(阿部亮平)は一松とトド松のデスゲーム、ピリオド(宮舘涼太)はカラ松のアクションストーリーをあの手この手で終わらせようと試みるが、一筋縄ではいかないくせ者揃いの6子。せっかくつけた物語のオチに他の展開を上乗せして話を更に広げて拗らせていく。

単なる養子の座を争うためだったこの作品は超スペクタルな物語へと展開、、、 

追記訂正:SNS見ると終わらせ屋ではなく終わらせ師のようです笑

詳細含めつつの感想

『終わらせ屋』が終わらせたい6人のそれぞれの物語がかなり本格的で(ズラ姿でなけれなそれなりに各自一本の作品が撮れそうなくらい)『終わらせ屋』が終わらせるがために飛び入り演じる役柄と設定も緊迫感があって見ごたえがありました。

細かく書くとガチでネタバレになるので省略しますが、アクションシーンもそうだし、話が終わらずもどかしく思う終わらせ屋3人のそれぞれの個性がそれぞれっぽさを残しつつも奇想天外な斜め上の展開で、笑うのを忘れるくらい真剣に感情移入してしまいました。

終わらせ屋、最強過ぎる!

クズっぷりの中にカッコいいところを盛りつつも、演じるキャラの個性なのかメンバーの個性なのかわかるかわからないかの演出で納めているのが、この作品がファン以外にもウケるポテンシャルが高い作品であると感じました。

個人的には、「映画&ドラマあるあるシーン」の盛り込みが面白すぎて(十四松のワープした先は映画「七人の侍」オマージュ。実際に白飯たらふく食わせる代わりに用心棒を頼むシーンあり)再観して色々発見したいなと思いました。

その他、ラウールの半沢直樹悪役的演技、忍成修吾ステレオタイプ忍成修吾的な役どころなのは思わず吹き出しました。

松野家のお茶の間の作り込みも、単なる昭和ではなくアニメの中の昭和のお茶の間の再現という感じで、凝りに凝った様子をスクリーンをガン見してしまいました。

あと、挿入歌&シーンごとの音楽もクォリティ高かったです。(あのエモい挿入歌はSixTONESの「共鳴」作詞作曲の佐伯ユウスケらしいです。っぼい!ぽい〜!)

後半に栗原類を投入したり、あの美しい八木莉可子をあんなにして畳み掛けるとか。
トト子、チビ太、イヤミも意外にナチュラルでしたし、この実写化は大成功だと思います。

スノーマン9人で印象に残ったキャラを書こうと思ったんですが、全員クズで振り切れすぎていて選べませんでした!

ファンの皆さんごめんなさい。

〜以上となります。
書きたいこといっぱいあるのですが、公開したばかりなのでもうちょっと時間をおいてからガチ分析つけ加えていきたいと思いました。チェックする箇所がたくさんあってカルト度の高い作品でしたぁ〜。

※劇場のみの1回鑑賞の記憶頼りで書いたので間違っている箇所あるかもですが、気づき次第修正加えていきます。お許しください!

− − − − − −

『映画 おそ松さん』作品DATA

監督/英勉
脚本/土屋亮一
原作/赤塚不二夫『おそ松くん』
〈出演者〉
松野おそ松:向井康二Snow Man
松野カラ松:岩本照(Snow Man
松野チョロ松:目黒蓮Snow Man
松野一松:深澤辰哉(Snow Man
松野十四松:佐久間大介Snow Man
松野トド松:ラウール(Snow Man
エンド:渡辺翔太(Snow Man
クローズ:阿部亮平Snow Man
ピリオド:宮舘涼太Snow Man
トト子:髙橋ひかる
イヤミ:前川泰之
チビ太:桜田ひより
母:濱田マリ
父:光石研
〜以下、観たまま役当てはめ
6子に似た謎の男:栗原類
ハルと名乗る女:八木莉可子
CIA:厚切りジェイソン
TOP DANDYチョロ松の兄貴分:忍成修吾
ハタ坊らしき人:加藤諒
夫人:南果歩
アプリコッツCEO:榎木孝明
音楽/橋本由香利
主題歌/Snow Manブラザービート
(作詞・作曲:クボタカイ)
撮影/小松高志
編集/相良直一郎
配給/東宝

👇ラウールのトド松の変わりように愕然として『ハニーレモンソーダ』を夜中配信で観た後日談