日感アルダ

映画、ドラマ、文化、日常の果てしなき考察

BIGBANG新曲「春夏秋冬(Still Life)」考察〜T.O.Pが雪上に残した立て看板

「Still Life」T.O.Pのパートの感想(考察)

事務所公式翻訳歌詞⇒BIGBANG OFFICIAL WEBSITE

〜T.O.PのRAPから考察します。

まずは、曲だけ聴いて(和訳読まないで)耳に残った音を青色でマークしてみました。文節の区切りは聴こえた位置で区切ってます。

저 하늘만바라보고서
사 계절잘지내고있어 Good-bye
난사 람난사 람머리 위저세상난 영감의amaz ON
지난밤의트라우마다묻 
목숨바쳐달려 
새 출발하는왕복선변할래전보

좋은사람

나은사람

(和訳)

あの空だけを見つめて 四季を元気に過ごしている Good-bye 去って行った人 また巡り逢えた人 頭上のあの世界 僕は旅立つインスピレーションのamazon
過ぎた夜のトラウマは全部埋めて
命懸けで進む新しい旅立ちのシャトル
変わるよ 前よりもっと
良い人に もっと
より良い人に もっと
朝露に濡れて 内なる怒りを過去に埋めて

−−−−−

더,떠,또 、、、力強い音と意思のパンチライン

ここで曲、転調。

つけているマスクのうさぎは弱さの象徴。韓国では 토끼から派生して(토끼다 トキダ 逃げる)という意味がある。それを外すということはその状態からの脱却の決意との印象を受けました。(東京喰種みたいなマスクはまだ必要なのかもですが)

〜話は戻って肝心の一気にRAPからメロウになるところ。

아침 이슬을 맞고 내 안에 분노 과거에 묻고
For Life

マスクを外しうなだれて神妙な面持ちでコチラを見るカット。

「朝露に濡れて 内なる怒りを過去に埋めて」

日本で“朝露”は、どちらかというと “はかなさ” やフレッシュ感などのイメージが強いし好んで使うワードでないと思い調べてみると、70年代に「아침 이슬」というフォークソングがあり(民主化運動の象徴。皆知ってるレベルらしい)その曲と照らし合わせると「아침 이슬」というワードが強烈なパワーをもつことが理解でき、この一見悲しげな表情の裏に秘められた強い意思を強く感じるかもしれません。

ここで疑問、雪上に残した看板の件。

この解釈ですが、G-DRAGONの椅子のように辛い時との決別&区切りかと思います。

人生のマイルストーンとしてその場に立て残し、この先の未来にまたどんな看板を立て見せてくれるのか?

別れではなく、前に進むための区切りのような気がします。

辛い冬の時代も含め人生です。

ここでT.O.Pの退所の記事を。インスタの英文挨拶文が掲載されていますが、訳では「近いうちに良いアーティストとしてお会いしたいです」とアーティストとして復帰の意思が記載されています。

が、ここで注目なのが、「近いうちに」と約されていますが「in the near future」と書いています。

これには、近いうちにであるのは間違いないですが、具体的な期間の約束のない将来未来といったニュアンスが含まれています。

 

別記事では「BIGBANGのT.O.Pとして戻るのには時間がかかる」と香港の雑誌インタビューに答えたとあります。

互いに“良い人”になったと感じるときが戻る時かと思われます。

 

〜古いドラマですが「北の国から」の『五郎のかぼちゃ』の話をご存知ですか?

菅原文太が「誠意とは?」と田中邦衛に問うアレです。

それと基本同じだと私は思っています。

参考
●「아침 이슬」韓国版Wikipedianamu.wiki:朝露
●「五郎のかぼちゃ」北の国から92『北の国から | BSフジ
〜内容:純(吉岡秀隆)がタマ子(裕木奈江)を妊娠させ、堕胎。それを知った五郎(田中邦衛)は、富良野から畑で取れたかぼちゃをボストンバッグに詰め上京し、それを手土産代わりに差し出し、土下座して息子の不始末を謝る。タマ子の叔父(菅原文太)は五郎に「誠意ってなんだろうね。」と問いかける。その言葉の意味を考えた五郎は、自分の夢の丸太小屋を建てる木材を売り100万円を用立て送金する。タマ子の叔父は、タマ子にその100万円返金と『お互い忘れましょう』との伝言を託す。
(ちょっとこの話、わかりづらいかもですが、五郎は、自分の夢を中断し謝罪に注力し許しを得、そこで夢を諦めたのではなく、五郎も子供たちも様々な経験を通じ成長し、五郎はその後、独創的な家を何件か作っております)

 

👑この考察は4ページで展開しています。元ページはこちら

aruda.hatenablog.com

👑その他関連ページ

aruda.hatenablog.com

aruda.hatenablog.com