日感アルダ

映画、ドラマ、文化、日常の果てしなき考察

【悲報】無印良品の羽根(羽毛)まくらを洗ってみた結果〜開封画像有り!【野獣臭】

どうもっ!ぷんおです。

本日は、洗濯NGの『無印良品【羽根まくら】50✕70cm』を水洗いしてみたらどうなったかの顛末レポートです。(ひとまわり小さいサイズ43✕63cmもあり)

野獣臭に耐えられず洗濯を決意

オンラインでの買い物の送料合わせのためになにげに買ったこの枕。

悲劇は家に届いてすぐやってきました。

ペタンコになっている枕に空気を入れようとパフパフしていたら、なんだか動物の臭いがするのです。

野獣臭!!!

その夜ベッドで使用してみたのですが、もう臭くて臭くて耐えられない。

ファブリーズをかけたりしても全然効かないし、天日干しも効果がない。

そこで、水洗いが不可なダウンを洗うような感じで「洗濯機洗い」をしてみることにしました。

洗濯機に入れたが浮袋状態

普通の洗剤だと泡切れが悪そうだったのでセスキソーダを溶かしたぬるま湯を洗濯機に張り枕を投入、、、。

全く枕に洗濯水が染み込まず、中の空気を含んだまま浮袋のようにプカプカと浮く始末。

表生地の目がかなり密なのがわかったので、安全ピンでブスブス空気穴をあけつつ押し洗いをしてなんとか洗濯を終了させ、天日干しをしたのだが、、、野獣臭は全く消えず。

これをもう一回やりました。

お風呂で踏み洗いを試みる

この時点で捨てようか否かを考えていたので、お風呂に普通の洗濯洗剤を入れ上からシャワーで泡だてながら足踏み洗い。

もちろん安全ピンで空気穴をブスブスあけながら。

もう3回目の洗濯なので洗濯液の染み込みはまあまあで、洗濯機での脱水も事なきを得たのですが、、、

更に臭い。

そして、側生地から薄っすらとみえる黒っぽい大きな羽根がグロテスクで気持ち悪い。

ここで私はこの枕を捨てる決意をし、捨てる前に表生地を切って中の様子を見ることにしたのです。

 

以下、充填されている羽毛。(生乾き)

臭いの原因と思われるもの

詰め物の羽毛の洗浄がキチンとされていないため、元々の鳥さんの羽根がもつ油分が落ち切れていないのが原因かと思われます。

洗ううちにこびりついていた頑固な油も溶けていくので更に異臭が発生していくように感じました。

この枕の洗濯をお考えの人へ

品質表示にもありますが『洗濯不可』となっているのでクリーニング屋さんが受けてくれない可能性があります。

コインランドリーにしても前述の通り中に水が含まないような中生地なので、洗濯液を含まず浮袋状態でグルグル回って乾燥という状態になるでしょう。

コスパを考えても洗濯はおすすめできません。

購入検討中の人へのメッセージ

臭いの感覚は個人差なのでなんともいえませんが、店頭で臭いを確認することをオススメします。

加えて肝心の寝心地の話です。

前述の傘のような空気や水分が浸透しにくい生地の中に空気を含ませボリュームを出す感じなので、頭を乗せると段々と空気抜けしていき底付きを感じます。

ひと昔前の無印良品のまくらやクッションは羽毛がパンパンに入っているものが多かった印象なのですが、とにかくこの商品は羽毛量が少なくすぐペッタンコになります。

まとめ

無印良品がどういうつもりでこの商品を販売しているのか疑問に思う一品でした。

他の方々のレビューも調べたのですが、購入時期により製品特徴が異なるのでなかなか判断がつかなかったのですが、2019年のビズジャーナルの記者さんも同じような感想を抱いてらっしゃるようでした。

私もこの商品は粗悪品だと思います!

一見ふわふわでいい感じなのですがこういった状態ですし、本体がお手頃でもこれに枕カバー云々となるよりも、もっといい枕をじっくり選んで購入したほうがいいのでは?と思いました。

〜以上となります。またお会いしましょう!