日感アルダ

映画、ドラマ、文化、日常の果てしなき考察〜活動費用のために広告つけています。

映画『女と男のいる舗道』感想&あらすじ

こんばんは、ぷんおです。

2022年9月13日、ジャンリュック・ゴダール監督がお亡くなりになりました。
享年91歳。人生の幕引きをご自分で選んだそうです。(安楽死

様々な作品をこの世に残して下さいましたが私のお気に入りは『女と男のいる舗道』(1962年)。

今日はこの作品の思いと感想を書きたいと思います。

◇◇◇

まずは、あらすじをざっくり説明。

主人公ナナ(アンナ・カレーニナ)が夫と子供を捨て女優になる夢を叶えるため自立しようとするのですが、やがて金に困り家賃も払えず路上売春婦(立ちんぼ)に身を落とし、その出会いの中で男に夢中になり女優の夢もそっちのけ。その男はナナを売り飛ばす目的であり、最後バーン🔫💢

・・・といった感じになります。雑でごめんなさい。

◇◇◇

オシャレな映像とカメラワーク。

だがしかし、内容は万国共通の普通だった女があれよという間に娼婦に堕ちゆく様子です。

(〜個人的感想です)

主人公ナナは、当時先端のオシャレな生活でアレコレ哲学的なことを色々言ってますが、単なる娼婦。

カフェでカッコつけても、タバコを燻らせても、オシャレな洋服を身にまとっても、娼婦に堕ちた女は娼婦でしかない。

(〜娼婦差別ごめんなさい)

◇◇◇

この作品は12のチャプターから成り立っているのですが、個人的には11の『シャトレ広場 - 見知らぬ男 - ナナは知識をもたずに哲学する』がお気に入りです。

ーーざっくり説明ーーー

〜見るからに娼婦とわかるケバい女になってしまったナナは、カフェで初老の読書をしてる爺さん(ブリス・パラン。実在するの仏の哲学者本人演)と会話することに。

ナナと爺さんは話すことの有用性や言葉の普遍性について論議をしはじめます。

爺さんは様々な書物や経験を引用し語ります。
しかしナナは次から次へと被せるように意見や質問を重ねます。

ーーーーー

このチャプター11のどこが肝(キモ)なのかといいますと、ナナの論議は若さ故の聞きかじりの上っ面で、爺さんの言葉の全てには経験と裏付けがあるのです。

爺さんは数々の金言を発しますが、ナナはジジイのたわごと感で話半分で聞いております。(カメラ目線を決め込んだりうわの空だったり)

◇◇◇

さてさて、このチャプター11の解釈なのですが、当時のこういった浮ついた当時の若者やムーブメントの全否定なのかな?と個人的に捉えています。

どう考えてもここに出てくる若者、中身ないと思いませんか?

◇◇◇

といいつつ私も若い頃、映画や音楽、小説、アートに夢中になり、友人たちと感想や解釈の論議を繰り広げましたが、多分ナナと同じように聞きかじったうんちくや理屈優先で中身はなかったと思われます。

しかしそれこそが若さの特権であり替えがたきもの。

そういった論議にさまざま経験が積み重なりり深みを増して行くのだと思います。

◇◇◇

ということで、ゴダール監督の死によせてパッと思いついた作品のことをサササッと書いたのでおかしな箇所があるかもですが、お許しください。

ちなみにこの作品『女と男のいる舗道』の原題は『Vivre sa vie』(人生を生きる)です!

〜以上となります。本日もありがとうございます!

U-NEXT の定額見放題でゴダール作品が12本観れます。(2022年9月13日現在)
「この記事、面白かった」と思う方もじゃない方もぜひぜひ下記からご登録ください。日々のモチベーションに繋がります。

<作品情報>
Wikipediaより

女と男のいる舗道
Vivre sa vie: Film en douze tableaux
公開:1962年9月20日
監督:ジャン=リュック・ゴダール
脚本:ジャン=リュック・ゴダール
原案:マルセル・サコット判事、エドガー・アラン・ポー
製作総指揮:ピエール・ブロンベルジェ
出演者:アンナ・カリーナ
音楽:ミシェル・ルグラン、ジャン・フェラ
撮影:ラウール・クタール
編集:アニエス・ギュモ