日韓アルダ

近くて遠い国!韓国文化を映像から考察〜ジャニーズ文化もウォッチ

「奴隷の島、消えた人々」あらすじ・感想〜事件概要と全羅道の島々の鬼畜事件

2014年に起こった「新安塩田奴隷事件」にヒントを得た社会派作品。

障害者を半ば騙して連れてきて奴隷状態で働かせても、その家族が騒がない2000年半ばの韓国社会も、ある意味ホラーです!

基本情報

題名:「섬. 사라진 사람들」
公開: 2016年3月3日
監督:イ・ジスン
脚本:イ・ジスン
キャスト: パク・ヒョジュ、ペ・ソンウ、イ・ヒョヌク他

「新安塩田奴隷事件」とは?

2014年2月6日、全羅南道新安郡新衣島の塩田で起こった障害者への奴隷・人身売買・搾取事件。

満足がいく食事の提供と大金を稼げるという職業あっせん業者の話に乗り、2012年7月に新衣島の塩田に就職した聴覚障害の被害者キム氏。
5時間程度の睡眠時間で過酷な肉体労働を強要され、耐えられずに脱出を試みたが、塩田主の監視や外部接触遮断などにより失敗。2014年1月13日にこっそり母親に送るのに成功し、ソウル九老警察署の行方不明捜査チームが1月28日に島から救出。

同年2月6日に塩田主のホン氏を刑事立件。
キム氏の吸湿で強制労働の他に体罰リンチや脅迫洗脳などがあったことが明らかになった。

100人を超える無賃労働被害者がおり、その多くは一般社会で働き口も行くところもなく判断能力が乏しい知障害者がほとんど。(実際にホームレスもいた)
斡旋業者は食事と給与の保証の口約束で、塩田業者に10万ウォン〜30万ウォン(当時日本円で約9,300〜28,000円)で彼らを売買。

島の警察はこの人身売買と強制労働を知っていて黙認。島民たちも塩田主に彼らの逃亡者を通報するなど極めて悪質出会ったと同時に、韓国社会の障害者差別の根深さが浮き彫りとなった。

この事件は実際にKBSで番組として2014年3月15日に放映された。

ネタバレあらすじ

島で強制労働が存在するとの噂をキャッチしたテレビ局のクルーが、島を訪れ事実を明るみにしようとする。

島民ぐるみで隠蔽しようとするが、女性記者のヘリが自分の正義感から通報を拒む知的障害の労働者のサンホの意思を無視して警察へ通報し、島外から捜査にやってきてサンホに行方不明の捜索願届けが出ていることを告げるが、サンホは「俺はここにいたい」とただ一言。この発言で、島民たちはヘリをはじめTVクルーを強く非難暴行を加える。

その後、島で犯人不明の殺人事件が起こる。

同僚のカメラマンや塩田関係者が殺され行方不明者も。そしてヘリも重体。カメラの類の証拠物は見つからなく、この事件は“殺人事件”として大きく取り上げられ、障害者の強制労働のことよりも「犯人は誰か?」ということのプロファイリングが先行。

ヘリは今だ入院中。

◇◇

〈〜殺人が起こる前のシーン〉

島でサンホ氏について話をしていた警察から電話が入る。

内容はサンホに出されていた捜索願の関連の話。サンホが15年前に行方不明になる前に、安山で連続殺人事件が起り、その殺人容疑者のキム氏とサンホと一緒にいる映像が残っており2人とも行方不明状態であるとのこと。

ヘリのスマホに送られてきた捜索願いの2人の写真は、殺人容疑者のキム氏の顔は目の前にいるサンホである。(キム氏がサンホになりすましていた)

ここでヘリはサンホが頑なにカメラに映ることと通報を拒んでいた理由を知る。

時既に遅し。サンホをになりすましていた殺人容疑者のキムはヘリを殴打。そして駆けつけた同僚のカメラマンも持っていた機材も叩き壊す。

話が大きくなって都合が悪いのはサンホだけではない。塩田主とその息子もそうである。サンホの殺害計画を立て始める。

その気配を知ったのか?サンホ(キム氏)は今までの恨みつらみと邪魔くさい奴らを殴り殺していく。

◇◇

ヘリだけが事件の生存している目撃者であるが、回復を待たずしてこの事件は、塩田主が殺人犯と断定されて捜査が進められていった。

事件から5ヶ月後、回復したヘリは「(事件の概要を)話したい」と決意をする。

感想

韓国人にとっては、この事件が起こった場所が「全羅道」ということと、そういった離島で人身売買の上の強制労働が頻繁にあったようなので、日本人の私が感じる温度感とはちょっと違うのかもしれません。

個人的には、嘘をついて連れてきて自由を奪い労働をさせる側も悪いのは良くわかるのですが、この塩田は、天下のサムスンのものだったんですよ。

元々閉鎖的な風土がある場所だというのも理解できる。

だけど、2000年代半ばというのに、こういった管理ができていなかったというのが、いくら日本より20年遅れている韓国といえどもこれはないだろ。といった感じで、

だからこそ韓国の社会福祉制度の遅れや、根深い障害者差別を感じざるを得ず、数年経った今も大して変わっていない様子に若干憂いを感じました。

搾取する側を怒るとともに、搾取されない環境づくりが大切かと思います。

全羅道の島の奴隷事件

60年代〜90年代の奴隷の様子については韓国Wikipediaのリンク貼っておきます(⇒コチラ

以下、2000年代に入っての全羅道の島での性事件。

全羅道巨文島のチケット喫茶事件(2004年)

前払い金800万ウォンと簡単に稼げるという誘惑にのり、売春婦になったKさん(25歳 女性)。島に到着するなり携帯電話を取り上げられ、脱出できないように脅迫される。チケットタバン(チケット喫茶=喫茶店ウェイトレスだが売春行為を行う)で厳しい監視の中で船員や住民相手に性売買を強要。性売買の代価として1,200万ウォンを稼いだが女主にすべて奪われ、前金も返済できない。約7ヶ月島に閉じ込められたKさんは、兄にこっそり電話をかけ監禁されているという事実を知らせ、警察によって救助された。

●黒山島集団性暴行事件(2016年)

全羅南道安郡の黒山島の住民ら3人が、小学校教師として赴任していた外国人の女教師に集団で輪姦した鬼畜事件。詳細リンクnamuwiki(⇒コチラ

〜以上となります

結びの文章をどうしようか30分くらい悩んだのですが、やっぱり書けませんでした。
突然家族が居なくなっても捜索願も出さず黙っているって、、、

なんか、グタグタになっちゃいましたが、またお会いしましょう!