韓国ドラマ「イヴのすべて」あらすじ・感想

こんにちは!ぷんおです。

本日は日本の地上波で初めて放送された韓流連続ドラマ「イヴのすべて」のお話です。

ちなみにこの作品は、私がはじめて出会った記念すべき韓流ドラマでもあります!

概要

放送:2000年4月26日~2000年7月6日(MBC
全20話 水木ミニシリーズ 韓国最高視聴率45.2%
※日本放送は2002年(テレビ朝日系)
原題:「이브의 모든것」

●舞台はMBC放送局。劇中は「MBS
●全20話を10話に圧縮し放送したため話の辻褄が合わない箇所多発。
●主題歌の差し替え(韓国「True Love 」FIN.K.Lピンクル)、日本「Jewel Songs」BoA)で視聴者が反発。
●話題性の割に視聴率は振るわず。
●海外リメイクはフィリピン、中国(2回)。2010年9月21日の中国リメイク作品「新・イヴのすべて 〜愛とキャリアを賭けた女神たち〜」の主役はチャン・ヒョク

キャスト

①ヨンミ(キム・ソヨン
f:id:punwo:20210925191003j:plain
MBSアナウンサー。ソンミのライバル。自分の望みを叶えるためには手段を選ばない。非情非道主義。ソンミの持つ全てを次から次へと略奪。自分のために命を落としたウジンへの自責の念で入水自殺を試みるが失敗。記憶喪失。

②ソンミ(チェリム
f:id:punwo:20210925191020j:plain
MBSアナウンサー。本作のヒロイン。好意を寄せていたウジンをヨンミに奪われる。自分を陥れるヨンミを嫌悪していたが、ヨンミの成れの果てを見てそれでも友達であることに気づく。最終的にヒンチョルからのプロポーズを受ける。オッチョコチョイ。

③ウジン(ハン・ジェソク)
f:id:punwo:20210925191013j:plain
MBSカメラマン。ソンミのオッパー存在。ヨンミの悪行を知りながら受け入れ、ひどい仕打ちで振られても愛し抜く。ヨンミをかばって死亡。

④ヒョンチョル(チャン・ドンゴン
f:id:punwo:20210925191008j:plain
MBS取締役企画理事。本作のプリンス。御曹司だがアウトローな面があり、複雑な家庭で心の隙間の寂しさをソンミが埋めてくれる。仕事はバリバリで“デキる男”。ソンミの気持ちを尊重し自分の思いを表に出さないが、最終話ソンミのロンドン行きをプロポーズで阻止。

⑤インス(チェ・ジュニョン)
f:id:punwo:20210925191819j:plain
ヨンミの地元の元カレ。チンピラ。ヨンミの過去をダシに揺する。

⑥ジュヒ(キム・ジョンウン
f:id:punwo:20210925192217j:plain
ヨンミとソンミの先輩アナ。ヒンチョルに思いを寄せている。最終話で同僚と結ばれる。※パリの恋人のテヨン役

内容・相関関係

真逆の環境で生まれ育った①ヨンミと②ソンミの2人が、テレビ局のアンカーウーマンの夢に向けて切磋琢磨し成長していく物語。①が②を陥れる様子が中心。①〜④すべてが違った形で本当の愛に気づく。
ーーーーーーー
①②の共通点は父子家庭。
①:貧しい環境で酒乱の父から虐待を受け成長。母親は幼い頃に失踪蒸発。のし上がるためには手段を選ばず猪突猛進。計算高く野心家。
②:母はいないが裕福な環境で父親の愛を一身に受け、明るくまっすぐな性格に成長。疑心が薄いので、ソンミに脇の甘さをつかれる。

プロット

ヨンミ(①)の父親が仕事先の建設現場で事故死。独りぼっちで可哀想な自分を演じ、現場監督のギソンの同情を得て大学入学の支援を受けることに。ソウルへ上京、そこには自分とは全く逆の環境で育ったギソンの1人娘ソンミ(②)が。①②はアナウンサーになるという共通の夢があり、奇しくも同じ大学の放送学科に入学。

自分にないものをすべて持っている②にメラメラと燃える嫉妬心。②の幸せすべてを奪い自分の夢を勝ち取るために動き出す。②が幼い頃から恋心を抱いているお兄さん的存在のウジンに接近。②の気持ちを知りつつ③へ告白し付き合いを始める。

失意の②は思いを断ち切るためロンドンへ短期留学。慣れない地でアクシデントに巻き込まれ、同じ韓国人留学生のヒョンチョル(④)に助けてもらう。④と兄妹のように親しくなり、②は④に悩みや断ち切れない③への思いを相談。④は②の明るさで母を捨てた父親への反発心と孤独の中で育った荒んだ心が救われていく。

②は帰国してもメールで④と連絡を取り合う。②は④のアドバイスを受け③に思い切って気持ちを訊くが③は①に好意があるとのこと。②は決定的に③振られる。

①は、チンピラの元カレ(⑤)に脅されキャバクラでバイト。疲れ果てたキャバクラ帰りの姿を③の母に見られなじられる。

①の野心は大学生活にも及ぶ。放送祭の司会者選考に破れた①は、②の父が軽い接触事故に巻き込まれた話を盛り、①を騙し司会の座を奪う。①の本当の顔を知らない周囲は②の言うことはきかず①をいい人だと信じ騙されたまま。

①の性質に感づいた③の母親は③と①との交際を反対するが、その思いに反発した③は家を飛び出す。酔った勢いで①と③は関係を持ち、①はそれを利用し妊娠中絶をしたととうそぶき③との婚約を勝ち取る。

④は父親が病気で倒れ帰国。父の跡を取る決意をし、MBS放送局の取締役企画理事の任に就く。

①②は共にMBSへ入社。アナウンサーへの夢に一歩近づく。②は自分より才能があり、完璧に仕事をこなす①と自分を比べ落ち込む毎日。正体を隠した④が支えとなってくれる。

②の人の気持ちに訴えるキャラクターが認められて行くに連れ、①のライバル心は燃えていく。②が勝ち取った企画は②が④のコネを使ったと吹聴。①から④の正体を聞き知った②は、④がずっと正体を隠し自分を騙し接していた事への大きなショックと怒りを受け④に決別を告げる。

①の成功を羨む⑤は昔の①のやさぐれていた時代の写真をネタに①を脅し始めるが、①は⑤を刑務所へ送り込む。③は⑤に①の本当の姿を聞かされ愕然。

盲腸で①は7時の番組を休まざるをえなくなる。②が代打で起用。児童誘拐犯のニュースで感情むき出しで「本当に悪いやつです」と伝えたミスが逆に視聴者が共感を呼び番組は②の手に。

②に番組を取られた①は、本番のスタジオデスクに携帯電話を仕込み、音を鳴らせ放送事故を起こし②を番組降板させる。①は③への当たり散らしと④へのマンション訪問など過激なアタック攻撃を加速させる。

④は朝の番組「イヴの朝」の制作を発表。①をキャスターに据える。③は①が④を狙っていることに気づき①を問い詰めると①は③を突き放す。それでも①を思い悩む③。
②は④の気持ちを受け入れようと前向きになるが、③が①との件を思い悩む様子が放っとけなく苦しむ。

④は②の気持ちを思い①と③の関係を修復させるためロンドン出張を命じるが、2人の仲は逆に最悪の事態に発展。自暴自棄になった③は帰国後疾走。酒に溺れ日増しにすさみ病んでいく③。③を放っておけない②。④のことを深く愛しているが③を支えようと決意。④は②を思うが距離を置くことを決意。

①は刑務所の⑤からアバズレ時代の写真をばら撒くと再び脅迫。焦った①は立場を守るため、一度突き放した先輩⑥に取り入ろうと必死になるが失敗。追い詰められた①は⑥の番組の座を奪うことで自分を保とうと⑥の車に細工。⑥は追突事故を起こし大ケガ。

事故を知った③は①を疑い、駐車場の監視カメラの映像を調べると①の姿が。①は映像を③が持っていることを知り、③に必死にすがり復縁しようとするが、②と④が別れたことを知ると再び④にアタック開始。

③は②と④の関係に溝が生まれているのは自分が原因と気付き、④に会い①の悪行を伝える。それを知り①はブチギレし③のもとを去るが、⑤が出所し復習を企てていることを知りまた③を利用し⑤を片付けようとするが⑤は逃れる。

⑤は①の行いに報復をするため①の中継現場へ。そこで①の命を狙おうとするが③が助けに行き①をかばい車に轢かれて死亡。

その後①は自分の小細工現場が映っているビデオテープを入手し再生。そこには映っているはずの自分はおらず③からの①を思う愛の告白が。

それを見て涙を流す①は今まで自分がしてきた悪い行いを後悔し姿を消し、漢江(?)で人知れず入水自殺。

①の行方が見つからないまま心配しながら仕事に打ち込む②。①の代わりに②がキャスターを務めることになった「イヴの朝」。番組中の映像の中に①の姿を見つけ、②④は現場を訪れる。

①は児童施設で働いていたが、自分が幸せだった6歳までの記憶しか残っておらず以降の記憶はほとんど失っていたが、自分にとって③は大切な人だということは覚えていた。そして忘れてしまった②に自分と友達だったのか訊ねる。②は涙を流しながら一番の友達だったと返答。

②の元にロンドン特派員の話が舞い込み②は行くことを決める。④は空港まで車で送るが自分の気持ちに正直に②に「行くな」と頼み指輪を取り出しプロポーズ。車の行き交う交差点の真ん中で熱いキスをする②と④。

感想・まとめ

はじめてみた韓ドラということで、ファッションやメイク、インテリアの違いにすごく驚きました。

恨みつらみのオンパレード、怒鳴り合い、髪の毛の引っ張り合いのケンカ、、、ただただあんぐりした記憶です。