日感アルダ

映画、ドラマ、文化、日常の果てしなき考察

なぜ 韓国屋台に「ロブスター」?韓国グルメの謎【韓国文化考察】

こんにちは!ぷんおです。
本日は韓国屋台で最近増えているロブスターについて調べてみました。

韓国旅行で絶対外せない屋台グルメ。

トッポギ、オデン、スンデ、ホットク、キンパなどのスタンダードな屋台に、トルネードポテトや砂糖でコーティングした串刺しフルーツなど、時代とともに個性的な食べ物ががどんどん増え街を賑わせています。

私がよくソウルに遊びに行った時の種類の記憶はここまでなのですが、ある日ネットにて「ん?」と非常に興味深い屋台が登場しているのに気づきました。

「ロブスター」です。

屋台だけではなく、過去に見た作品を思い起こしていくとロブスターを食べているシーンやお店が結構登場しているんですよね。

更に気になり旅行サイトなどを見ると、ロブスターの安価提供を売りにするお店が多くありびっくりしました。

戦後、米国の食文化の影響を大きく受けての面もあるかと思うのですが、さすがにこれは不自然すぎる。

知らないうちに韓国ではロブスターの養殖に成功したのか???と思い早速調べてみました。

そこには、驚愕の事実!

東日本大震災による放射能汚染の恐怖によるものだったとのことなのです。

以下、上記記事をGoogle翻訳のコピペしたものとなります。

「韓国もロブスターの消費大國... 輸入量世界第6位」
「日放射能流出後遺症長くなり遠くから取れた水産物「代替消費」
大型マート競争的に供給増やし」

韓国が世界ロブスター消費市場で顕著な成長傾向を見せている。3年前、日本の福島原発事故による放射能恐怖の余波が数年間続いて、消費者が遠い地域から輸入された水産物を好む現象が影響を及ぼしたという分析だ。

19日、英国の貿易研究機関であるグローバルトレードアラート(GTA)の集計結果によると、韓国の今年1~8月のロブスター輸入量は世界6位だった。昨年(7位)より一段上がったのだ。韓国は2012年までだけでも10位圏外だった。1~3位はカナダイタリア中国が占めた。

食品医薬品安全処によると、昨年、韓国のロブスター輸入量は2555トンで、2012年の1212トンに比べて110.8%増えた。ここに今年1月1日から今月16日まで国内で検疫を終えたロブスターはすべて2290tに達する状況。この傾向であれば、今年の総輸入量は昨年の数値を超えると見込まれる。

主要大型マートもロブスター供給量を大きく増やしている。イマートは今年約100万匹のロブスターを取り入れて販売する計画だ。昨年(60万匹)より物量を約67%増やしたのだ。ロブスター大抵キングクラップなど高級甲殻類の売上が2012年に比べて5~18倍も増えたことによる。最近はロブスターを9900ウォンに販売する行事も設けた。

ロッテマートは先月、ロブスター15万匹をフライトを通じて直接持ち込んで販売したのに続き、最近はロブスターと消費層が似たキングクラップ30tを持ち込んで販売(29日まで)している。ロッテマート関係者は「ロブスターの売上が昨年より約3倍増加した」とし「キングクラブ価格も多く落ち、甲殻類に対する人気はさらに高まるだろう」と話した。

放射能の件に韓国人が敏感に反応するのは周知のことでしたが、今までそう多く食べていなかったロブスターの消費がまさかこの問題だとは思いもよりませんでした。

次に見つけたのが、2013年の中央日報の日本語版の記事。

ここにも放射能とロブスターの話が書かれており、マートの企画で仕入れたロブスターが大当たりし、輸入量が急激に伸びた話が書かれています。

恐怖の根源は、放射能だけではなく元々の水産物への漫然とした不信感のようなことが書いてありますが、そんなことよりも、試しに輸入してみたロブスターが思いのほか韓国人の口に合い大量輸入に繋がったという話。

ある物事がきっかけとなり意外な方向に進むことはありますが、いくら味覚に合ったといえど、ここまで消費が激増し定着するなんて不思議でしょうがないです。

気になってロブスターを扱う外食店の件数をKONESTで調べたところコネストで調べたところ、大体2012年あたりからロブスターを提供するお店が出はじめ、どんどん件数が増え今に至ることが分かりました。(大量に輸入するから価格も安くだせるのでしょうね。)韓国屋台にロブスターの屋台が出現したのも同じ時期からなので大体合致します。

発端や原産地はどうであれ、ロブスターは国民フードとして根付き韓国の代表グルメとなり屋台に登場した。という考察結論に至りました。

みなさんはどう思われますが?

以上、2017年には高校の給食に登場したというニュース(下記リンク)もあり、ただただ驚いているぷんおからお送りしました!

またお会いしましょう〜。

2021年2月6日記述

−−−−−

韓国の個人旅行が再開する(要ビザ)とのニュースが!

【韓国カルチャー】6月より観光ビザ再開! ウィズコロナが本格化する韓国の現在をチェック(DailyMORE) - Yahoo!ニュース

これを受け、本日2022年5月25日に大幅リライト更新しました。