日感アルダ

映画、ドラマ、文化、日常の果てしなき考察

【悲報】「神仙ソルロンタン 明洞店」閉店!ビルも解体

 

 

f:id:punwo:20201224155643j:plain

コロナの影響で「神仙ソルロンタン 明洞店」までもが閉店💦
コネストさん垢で確認。

・・・「明洞離れ」が加速していたところに加え、更にコロナで打撃。この他にも閉業店続出しているようです。こちらのニュースによるとテナントの4割が閉店廃業とのこと。

◇◇◇◇◇

〜上記記事より2年が経過した2022年夏、記事をリライトしております。
現在(2022年7月3日)「神仙ソルロンタン明洞店」があったビルは解体されその後にビルが建設中ですがまだ出来上がっていませんし、復帰する話も全然ありません。
👇下記記事に詳細書きました。代替えのオススメソルロンタンのお店も記載しています。

〜〜〜

話が脱線しますが「ソルロンタン」について。
ソルロンタンは、牛の骨や各部位の肉、舌、内臓などを長時間煮込んだもの。
ソルロンタン - Wikipedia

これがどうして生まれたのか?
〜13世紀半ば、元(モンゴル)のお偉いさんのおもてなしのために好物のお肉の食事をたくさん用意せねばならなくなった。その頃の朝鮮民族は肉を食べなかったらしいのですが、当然不要になる部位が生じるわけで、その残りを煮込んで料理してみたら美味しかった!のような感じみたいです。
大きな鍋で長時間じっくり煮込まないと作れないという特徴から、家庭で生まれた庶民料理ではない。という訳で、上記のようなある程度の集団下において誕生したという説は有力と思われます。
スンデ(腸詰め)やホルモンなどの肉以外の部位を使った庶民食が多いのもその流れを組むものでしょうね。

リライト更新2022年7月3日

 

※最近新大久保に『シンセンソルロンタン』(シンソンじゃなくシンセン)というお店ができましたが韓国の神仙ソルロンタンとは無関係です。詳細は下記記事を!