日韓アルダ

近くて遠い国!韓国文化を映像から考察〜ジャニーズ文化もウォッチ

千年の愛(ソ・ジソプ主演)|あらすじ・感想【韓国ドラマ】

 

f:id:punwo:20210708190301p:plain

三国時代百済の姫君が現代社会にタイムワープ!トンチキ設定を思い切り堪能できるスペクタルドラマ。

【放送】
2003年3月22日〜5月25日(SBS)全20話
原題は「천년지애」(漢字表記:千年之愛)
最高視聴率28.2%
ーーーーー
★韓国SBSのホームページで無料動画あります。

【キャスト】
ソン・ユリ
〜プヨ・ジュ姫
武芸に優れ教養高く美しく勇ましい姫。現代社会においてももの応じせず生きるとともにもといた時代の荒廃した百済を案じる。水商売に落とされたりと辛いこともあるがインチョルを信じ愛する。百済では宿敵だったユソクの一途な気持ちに気づき心を許す。一国の姫という自覚でインチョルの気持ちを振り切りタイムワープを選ぶ。

ソ・ジソプ
今)カン・インチョル
〜デザイナー(三流的)金コマなので姫の首飾りを盗んだりヤクザと関わったり大変。タツジとは過去幼馴染。金に行き詰まりタツジに援助してもらう。
昔)ギシル・アリ将軍
〜亡くなった父は優れた武将だが本人は放蕩のかぎり。姫に出会ってから優れた武将として忠誠と愛を誓う。

キム・ナムジン
今)藤原タツ
〜日本有数の企業の跡取り息子(韓国人との妾の子?)そのため私生活は荒廃。日本人女性を抱いては捨てといった感じ。素行の悪さに日本人継母がブチギレ韓国支社に飛ばされる。過去に成し得なかった姫へ自分の想いを伝えることが叶う。最後に受け入れてはもらえないのを知りつつプロポーズ。最後に姫を守って命を落とす。
昔)キム・ユソク将軍
新羅の将軍。伽羅の血を引くので日本と近い関係の設定(金庾信がモデルっぽい)。裏切りものではあるが国を思っている。過去も今もアリの放蕩ぶりにちょっとイラッとしてる感。未来ではタツジのほうがセレブになっており立場が逆転している。

●キム・サラン
今)クム・ファ
〜藤原の会社勤務。金持ちの藤原を射止めようと頑張る。家柄もそう悪くないので両親もタツジが日本人だけど金持ちなので応援。だんだんアリに惹かれていく。
昔)コ・ウンバイ
〜王様の側室。今も昔も目指せ!玉の輿。

【感想】
※この作品の資料少ないので相関が確認できず観た感じで書きました。
個人的には一周まわって面白い部分も多かったですが、過去と現代の登場人物がリンクしてたり、キム・ナムジンが日本人設定なのでカタコト日本語(周辺人物も)そしてヤクザや藤原家の裏の組織と一度観ただけでは判別できなかったです。

ベースが三国時代なので倭国(日本)が当然絡んでくる。前世で百済を裏切らざるを得なかったのもそれ絡みなのかキム・ナムジンが日本人設定(日韓ハーフ)で日本に対し軽蔑した面もある等ちょっと反日っぽい表現が多かったのが事実。藤原は渡来人説が有力な藤原鎌足繋がりかと。

2001年に天皇陛下のお言葉で「桓武天皇の生母が百済武寧王の子孫」と仰ってしまったせいもあってか、姫のセリフでも「天皇に会いたい」と上から言ってました。(そういえば天皇韓国起源説もありましたね)

韓国っぽいと思ったのがヤクザ絡みで姫が水商売に落とされ(当時の作品でこういうの多かった)ガラスケースに入って見世物にされたるシーンはさすがに引きました。他にもキム・サランに露出度の高い服を着せるとか全体的に男尊女卑感。

ラストは姫のタイムスリップを阻止する追手の刀から姫をキム・ナムジンが守り(前世ではアリが守るので前世に変化をもたらす)斬られる。そして前世に戻った姫は来世の記憶を持ったまま崖下の川辺で保護される。来世で知ったキム・ナムジンの真っ直ぐな思いを知ってしまったためか、宿敵である彼の保護を受けることになる。そこにはソ・ジソプは存在していないが思いは変わらず。
そして1343年の月日が流れ2003年のソウル。
ソ・ジソプは首飾りをつける。そしてキム・ナムジンに「姫を探しに行く」と言い残し出かける。

〜ということで姫が存在しないと嘆いていたアリは存在していたので1343年にソ・ジソプがいるということが推測。
首飾りのでどころなのですが、1話で姫が誕生日に倭国から贈られた夜光珠という石でできたもので「永遠の若さを得られ人魚の涙で作られたものなので涙が絶えない」とのくだりがあるのですが、パワーストーン的意味合いとしては「どんな屈強に負けない」らしいのでインチョルは姫を探せるはず!というオチかな?と思いましたがそこまでは考えてないと思います(笑)

ソン・ユリの日本で言うところの「わらわは姫じゃ」のような棒セリフもかなり面白く、そして一番笑ったのがラブシーン!
寅の毛皮の上のソン・ユリが緊張でガッチガチなのとこのソ・ジソプの風貌(笑)この画像韓国のニュース記事にたくさん載ってましたwww
f:id:punwo:20210526232618j:plain
これは別れの前夜。やはりソン・ユリ不自然でした(笑)ソ・ジソプはさり気なくセクシーですよね。上の画像もワイルドで個人的にはGOODボタンあったら押します!
f:id:punwo:20210526232625p:plain
最後に。
メインスポンサーが「SK(現SKテレコム)」のためでしょうね。藤原が姫に連絡手段として携帯を贈ってからがコント状態。とにかくピロピロ着信音がなりまくりの電話シーン多発!姫に至っては留守番電話サービスのお姉さんの声に「お前は誰じゃ!」www

【総評】
カタコト日本語然り、ソン・ユリ棒演技然り、反日然り、中だるみの酷さ然り。クォリティとしては低いのですが、当時の韓国の価値観や歴史認識反日感情の裏側の日本への憧れが感じられたりと割と学ぶところは多かったです。
ソ・ジソプのチャラくて胡散臭い役回りも良かったし、若かりし頃のイ・ソンギュンも見れたし見てよかったと思いますが、もう一度見るまでもないかな?といった作品でした。