日感アルダ

映画、ドラマ、文化、日常の果てしなき考察

韓国映画『お姉さんが行く!』언니가 간다(2007年)あらすじ・感想考察〜アラサー女子にオススメ

どうも、ぷんおです。

本日の作品は、韓国映画『お姉さんが行く!』(2007年)の感想です。

現地評価が非常に低い作品なのですが、おしゃれ系ラブコメ好きのぷんおとしては5点満点の作品です!

作品を観るには?

Amazonプライムビデオ、U-NEXTで配信中!気楽に観られるのでオススメです。

あらすじ

※ナ・ジョンジュの名呼びはチョンジュ表記にします。

ナ・ジョンジュ(コ・ソヨン)は、ファッション業界で働くアラサー女性。
小さい頃の夢はデザイナーであったが、現実は一流デザイナー先生の元で雑用(スタイリスト)に明け暮れる毎日。
30歳になってもなお、未だに高校生の頃の失恋の傷を抱えて生きている。
◇◇◇
ある日偶然、高校時代の男友達テフン(イ・ボムス)に再会。
テフンはチョンジュを『初恋の人』だと言うが、イマイチピンとこず、親友のソンミ(オク・ジヨン)の元を訪れる。

当時、秀才だったけれど冴えなかったテフン。
ネット検索してみると、なんと年間1千万ドルもの売上を誇るIT業界の会社のCEOとなっていた。
ソンミはそのリッチぶりに大騒ぎ。チョンジュもまた悪い気はしなかった。
◇◇◇
チョンジュの携わるファッションショーの現場。
そこには高校時代に振られた元カレで先輩のイ・ハニがゲスト出演。現在ハニは超有名ロック歌手。

ハニに声をかけられるが、お決まりのフレーズ(昔、口説かれたのと同じ)と一緒。初恋の人が自分のことは覚えていないと複雑な心境の中、ステージを台無しにする大失敗をしてしまう。
◇◇◇
ますますついていないと自分とハニを呪うチョンジュ。

リッチになったテフンに誘われ食事をしてみたものの、途中割り込みしてきた親友ソンミのチョンジュとハニの過去の暴露話。それを知ってて知らぬ振りをしていたテフンにイラリ。ついに逆ギレし席を立ち去る。
◇◇◇
家に帰ると法事の用意が。
今日がお母さんの命日であったことを忘れていた自分に更に自己嫌悪で大泣き。

目が覚めると机の上のパソコンが起動し「過去へタイムスリップしますか?」とのメッセージ。
チョンジュはマウスをクリック。タイムスリップの道を選ぶ。
◇◇◇
・・・時は12年前の1994年。

ハニに恋をして傷つく前の高校2年生の自身の目の前に現れ、ハニとの恋を邪魔し、未来世界のリッチマンで自分に恋をしているテフンとくっつけようとあれこれ画策奔走します。

見どころ&考察

よくあるタイムスリップ系&アラサー主観と変哲のない作品でオチ的にも意外性はないのですが、メッセージ要素は高めであると思います。

物語的にはタイムスリップして過去を若干変えてハッピーエンドとなるように映りますが、最終的にはチョンジュの選択となります。

大人になってリッチになったテフンと再会。高校時代から思ってくれている気持ちには(過去にタイムスリップして)気づいたけれどやはり愛は感じられずチョンジュはお礼を言って去ります。

が、後ろから大好きだったグループ『DEUX(デュース)』の楽曲が!

〜もちろん過去を見てきたチョンジュはテフンが自分の大好きなこの曲のダンスを懸命に練習していた姿は知っていますが、実際に披露してくれたのは今回がはじめてとなります。

過去を知っていても知らなくとも、踊るテフンを笑顔で見つめるチョンジュがいるわけで、そこには損得勘定はなくただただ笑みがこぼれます。

ぷんおの感想

過去を変えることはできませんが『気づく』ことで人生は軌道修正をすることができます。

主人公のチョンジュは、実はかなり恵まれている人生だと思いませんか?

〜可愛くスタイル抜群の美人さん、振られはしましたがハニ先輩との熱烈な交際、どんな時も変わらず思いを寄せてくれる秀才テフン、親友のソンミ、誤解はあったけど愛する家族。そして本人は不服のようですが、仕事においても同僚たちからは羨ましがられるポジションで、再会したハニも実はチョンジュだと気づいていたのかもしれませんね。

気づくこと=今の自分も過去の自分も慈しみ、他者の愛に気づき感謝し労ること。

さすがに高校時代の自分からSOSのポケベルは鳴りませんが、日々過ごす中で心の中で困ってポケベルを鳴らす自分がいるかもしれません。

その音にどう的確に答え、自分にも他者にも優しくしてあげることができるか?

アラサー独特の恋や仕事のもうひと踏ん張りの転換期(曲がり角)に見たかった作品でした!

94年当時の韓国の流行が散りばめているのですがわからないところが多かったです。チャ・インピョ張りにキメッキメのハニ先輩は笑いを誘いますし、ユン・チョンシンの演技と歌に癒やされました。

〜以上となります。またお会いしましょう!

基本情報&キャスト

原題:『언니가 간다』
公開:2007年1月4日
監督:キム・チャンレ
音楽:ユン・ジョンシン〜1994年教師役で現代では歌手に進化する役柄とで出演しています。この作品のOST調べたのですがありませんでした。主題歌は<윤종신 - 지난 날 (영화 언니가간다 OST)>でYouTube検索で出てきますが公式ではありません。情報少なく残念💦

<キャスト>

【2006年】
●ナ・ジョンジュ(コ・ソヨン
アラサー主人公〜実生活ではチャン・ドンゴンの嫁でおなじみ

●オ・テフン(イ・ボムス
チョンジュの前に現れた高校時代の男友達。IT社長

●チョ・ハニ(キム・ジョンミン
超人気歌手〜演じるキム・ジョンミンもロックミュージシャン

●ソンミ(オク・ジヨン)
チョンジュの親友

【1994年】
●ナ・ジョンジュ(チョ・アン)
●オ・テフン(ユ・ゴン)
●チョ・ハニ(イ・ジュンムン)

劇中登場する「DEUX」とは?

1993年〜1995年の間、活動していたヒップホップデュオ。
DEUX (音楽グループ) - Wikipedia

以下、KBSのYouTubeチャンネルです。
〜衣装の背中の◎プリントがポケストップに見えるのは私だけでしょうか?

듀스 - '나를 돌아봐' | DEUX - 'Turn Around And Look At Me' 【가요톱10, 1993】